プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

知床1周シーカヤックIII-赤岩海岸~知床岬~海賊湾-



嬉しいことに、3日目も雲ひとつない天気!


しかし風は結構強く、浅瀬や隠れ岩礁の多い知床岬周辺では急に波が高く立ったり座礁してしまったりという危険が多いので、ガイドの後を1列になって進みます。
知床岬灯台が見え、いよいよ岬を越えるのだ!と感激☆


いよいよ波が高くなって危険なので、穏やかなアブラコ湾に上陸。絵に描いたような美しい浜辺です。
沖は白波が立っているので、しばらく風が弱まるのを待ちます。

 
時間があるなら段丘に登ってみようと提案して皆で上がってみると・・・


入り江の全貌が見渡せました!この展望には皆大喜びわーい(嬉しい顔)

 
お昼になっても風が止まないので、薪を集めてうどんを茹でて食べました。生姜がたっぷりでよく温まります。
服装を見ればわかると思いますが、こんなに晴れていても風が吹くと知床は寒いんです!


午後になっても波は高く、今度は知床岬灯台まで歩いて行ってみることに。
熊撃退スプレーとナタ,こん棒を持って固まって行きます。
これが、知床岬特有の平らな草原なんですね!http://imagenavi.jp/search/detail-i.asp?id=50008537

 
不思議な岩のスリットもあったり。
灯台に向かう階段を登りますと・・・


どこの岬にも似ていない風景が広がっていました。
なるほど、通過に苦労した浅瀬がよくわかります。


草原で昼寝する人、

浜で語らう人・・・


やっぱりじっとしていられない私は、浅瀬をザブザブと歩いて海岸を散歩。
岩壁に空いた穴によじ登って向こう側へ。


不思議な造形の巨岩がたくさん。。。


亀、いやカタツムリみたい!?


夕方近くなってやっと風が弱まったので、6時間以上の風待ちの末にようやく再出発!


大きな穴があいた窓岩など、面白い岩がたくさん。


待った甲斐があった凪ぎに、皆嬉しそうに漕いでいます♪

 
海賊湾には、奥まで入っていくと舟を隠しておくのに良さそうなスペースが。


キャンプ地まで、あと少し!

 
しかし、夕暮れになってまた風が強まり、洋上での沈や高波にもまれながらの上陸でずぶぬれになる方多数・・・


協力し合って全員上陸を果たした時には、もう夕陽が沈んでいきました・・・
この日は朝夕のみ漕いで9kmしか進めませんでした。

080807_190141.jpg
暗くなってから、熊におびえつつ夕食のため焚き火を始めます。
ここにはカラフトマスが上がる川があり、熊が多いそうで。
快晴ながら、朝夕は風と戦い、昼間は風のお陰でのんびりできた長~い一日でした。


  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

知床1周シーカヤックII-化石浜~赤岩海岸-


2日目の朝も快晴☆

序盤から迫力の断崖に圧倒されます!


初めての方も漕ぎなれてきて、快調♪


緑の絨毯が山を覆っているかのような、独特の景観が続きます。


しかしこの後風が出て、タンデム(2人乗り)艇が浅瀬に乗り上げて沈!
レスキューを待つ間、ペキンノ鼻という岬に上陸しました。


折角なので、崖を登ってみると・・・黄色い花が一面に!@@


これぞ、日本最後の秘境☆


台地状に広がるお花畑とその向こうに広がる碧い海に驚嘆し、しばし呆然。。。


素朴な鳥居もいい味を出しています。


風が収まったところで、再び美しい岩場の続く海岸を漕ぎ進みます。


ガイド新谷さんの力強い漕ぎ姿。


男滝と女滝が見えてきました!

クリップ
岩肌を伝って細く流れ下る女滝は実に優美です。


滝の直下にある美しい浜に上陸しました!

 
焚き火で昼食のラーメンを茹でます。浜ハコベを摘んで、ラーメンの具を確保。


午後は穏やかに晴れたので順調に距離を伸ばし、いよいよ知床半島の先端が見えてきました!

 
この日は14kmを漕いで上陸し、野菜や卵が丸ごと入る、ダイナミックなカレーを作成♪
肉もデカイexclamation
そしてどこからともなく、「シロ」と「クロ」(と呼ばれているに違いない)犬が登場。

 
どうして???と思っていると、飼い主のおばあちゃんも登場!
なんと、近くの浜にお一人で住み、昆布拾いをしながら畑を作ったりして自給自足的に生活されているそうで驚き。
話好きで、この浜にキャンプすると毎回いらっしゃるとのこと。
夕方にはラジオで気象通報を聞き、天気図を描いて天候を予測します。

 
そうしているうちにカレー完成るんるん
自然の中で食べるカレーって、なんでこんなに美味しいんでしょう☆


  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

知床1周シーカヤックI-相泊~化石浜-


北海道にいるうちにと思い、約1週間かけて「知床エクスペディション」に参加して6日間で知床半島をシーカヤックで一周して来ました!

 
夕方、民宿に集合してまずは長旅に備えてスタミナをつけます。

 
花火を楽しみ、お酒を少し飲んで早めの就寝。
翌朝、参加者18名,ガイド4名分のカヤックを積み込んで出発!

 
今夜のおかず、カニをGet☆
試食しまくりです♪

 
羅臼側の道路末端、相泊で艇を下ろし、誰がどれに乗るか、経験や体格で割り振られます。
私は、その名も「知床」という積載能力の高いシングル艇に。
FRP艇に乗ったことがないので、楽しみ☆

 
荷を積み、おにぎりで腹ごしらえ。


いよいよ出艇!


素晴らしい天気です^^


知床の海はやはり、透明度が高く美しい・・・


女性の多くはタンデム艇で。


断崖や鳥も多く変 化に富んだ海岸線を行きます。


初日は7kmほど漕いで早めに上陸してキャンプです。


誰も来ない美しい浜辺!

 
まずは共同装備を出し、テントを張ります。
袋に入ったワイン(18Lあるらしい)を早速あけて飲みながら夕食準備。


お風呂はないので川で行水です☆

 
今夜は豪快な鉄砲汁!

 
シンプル・イズ・ベスト^^
食後はまったりと夕涼み。。。

 
全国から集まったメンバーと楽しく飲みます。
焚き火も話も尽きることなく、夜はふけていきました・・・


夜はもちろん、満点の星!
初日から、大満足でしたわーい(嬉しい顔)



  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。