プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<< 劔岳縦走→読書→映画鑑賞    後立山連峰縦走 Vol.1 -唐松岳- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント


草津周辺沢登り&野湯巡り-常布の滝・入道沢・香草-


BCスキーのお仲間と沢の温泉に行きたいという話になり、それならとアレコレご案内することに。

 
微妙な小径を下っていき、少々強引に沢に降りると、こんな滝に出合います。
滝の左側の三角形の割れ目の中には。。。

これぞ隠し湯!という風情の温泉がウインク
真横は滝。周囲の岩は赤く染まり、岩肌は苔むして、上部には鍾乳石のような析出も。

090720_112654.jpg
雰囲気・泉質とも言うことなし♪
    
 
強め金気臭・弱土類/石膏苦味。黄土色の湯の花が舞い緑がかった弱白濁のいい湯です。
さらに微妙な道を進むと・・・


落差が大きく、岩肌が実に美しい「常布の滝」が!
さすが、滝100選に選ばれるだけのことはあります。

そしてまた次なる秘湯を求めてガサガサと笹をかきわけていくと・・・

 
怪しい色の沢に出ました♪遡ると、温泉析出物で真っ赤っ赤。

透明度ゼロの泥湯に浸かります。。。

初めは、「えーこんなところに入るの!?」と白い目で見ていた人々も・・・

続々と変態化(笑)

 
真っ赤に染まった体を滝で洗い流し、次なる湯へ向かうとカモシカとご対面。
いよいよ沢支度をして歩き始めます。

      
急に谷が狭くなり、まるでウォータースライダー。
その先は・・・急降下exclamation

34682836_545787345.jpg
降りきると、両側が切り立ったゴルジュ帯に。
素晴らしい渓相です。。。

その先は・・・まっ逆さまげっそり

 
ザイルを使ってさらに下降すると・・・

これまた素晴らしい滝です!

しかも、その滝壺脇には温泉が・・・
    
 
酸っぱ渋い明礬泉!

水と岩、そして緑の織り成す一幅の絵のようです。。。

34682836_3932734541.jpg
美しさに心奪われてばかりもいられません。
ここもザイルなしには降りられなさそうです。
      
 
水しぶきを浴びながら滝を降り・・・

滝壺に降りたら泳ぎます!

34682836_4192650042.jpg
下からの眺めがまた素晴らしいぴかぴか(新しい)

この下はさらに厳しい~たらーっ(汗)
さっき使ったザイルを回収に戻り、再び懸垂下降・・・

下にも怪しげな湧出が見えますが、降りてしまうと上がってこれそうにありません。。。
頑張って登り返します。

帰りも来た時には気付かなかった絶景がいっぱい・・・

滝脇の温泉を浴びて恍惚状態ハート達(複数ハート)
皆さん立派な変態です(笑)

滝脇を攀じ登り・・・
      
 
下りまくった分、登らねば!

34682836_1687535836.jpg
ウォータースライダーで遊んでここにドボン魚
    
 
下り始めた場所からさらに上流を目指して幾つもの滝を越えます。
      
 
徐々に沢は白濁し、生ぬるくなり・・・強酸性の湯があちこちから湧き始めます。

      
 
数え切れない小滝を越えて登りつめると・・・

ついに湯だまりがわーい(嬉しい顔)
倒れこんで極楽に昇天☆

34682836_4291407392.jpg
歯がギシギシするほどの強酸性・レモン味のパワフルな一湯指でOK

実は湯釜近くまで自転車を運びあげてあり、源頭まで遡行するつもりでしたがここでTimeOut!
盛りだくさんすぎたかな(^^;

関連記事


<< 劔岳縦走→読書→映画鑑賞    後立山連峰縦走 Vol.1 -唐松岳- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。