プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<< 笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走 Vol.1 -笠ヶ岳-    笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走 Vol.3 -槍ヶ岳~南岳- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント


■From: yukimamire <2010.09.13> URL | #AvInNSPU[ edit ]

こんにちは。
すごい脚力と行動力、さらにはキレイな写真!
すばらしい!!!

言うまでもなく、お気に入りに登録完了です。
これからもキレイな写真をよろしくお願いします。


■From: jun_waka <2010.09.14> URL | #6ksC9Gz6[ edit ]

おはようございます♪

コメントありがとうございます^^
お気に入り登録も感謝です☆

今後とも、よろしくお願いいたします!

yukimamireさんのサイトも素晴らしいですね。スノーシーズンもBCでよろしくお願いします♪


■From: 誰かさん <2010.10.10> URL | #-[ edit ]

双六岳からの眺めは私の記憶にも強く残っています。
三俣蓮華岳に足を伸ばさなかったことが悔やまれる。
西鎌尾根はだんだんと槍が近づいてくるのが楽しいですね。


笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走 Vol.2 -双六岳~西鎌尾根-


Vol.1 -笠ヶ岳- の続きです。

100905_045600P.jpg
前夜の星空から朝焼けを期待して、暗いうちに食事を済ませてテントを出ると、空が白み始めていた。

100905_045640E.jpg
次第に地平線は朱に、漆黒の闇は蒼へと染まりゆき・・・

100905_052552P.jpg
感動の日の出。

100905_051748_0.jpg
双六岳へと登っていくと、穂高連峰が薄紅色の空に浮かび上がっていた。

100905_054201P.jpg
いよいよ陽が昇り、一面に光が満ちていく・・・

100905_054557_0.jpg
前日登った笠ヶ岳は既に遥か遠く、まだ笠にだけ朝陽を受けている。

100905_055517_0.jpg
双六のピーク付近はハイマツの絨毯に白い岩が点在する自然庭園。

100905_060949P.jpg
頂上に立つと、黒部五郎岳・薬師岳・丸山と奥に三俣蓮華岳・鷲羽岳と去年周遊した黒部源流の山々を一望。

100905_062151_0.jpg
まだ6時なので、去年歩いた縦走路と交わる三俣蓮華岳まで足を伸ばすことにしました。
今日の目的地である槍は後方に遠ざかりますが・・・

100905_063914P.jpg
丸山方面から双六を振り返ると、槍・穂高~笠ヶ岳をバックに穏やかな緑の海が広がる絶景。

100905_064204P.jpg
枯れ草が朝陽を浴びて金色に輝いています。

100905_070107P.jpg
そして1年ぶりの三俣蓮華岳山頂へ。
鷲羽・槍のピラミッドと、対照的なカールの美しさ。

100905_072504_0.jpg
テントを張りっぱなしの双六キャンプ地までは谷ルートで戻ります。
険しい稜線もいいですが、こんな心和む風景の中をのんびり歩くのが好き☆

100905_080807_0.jpg
すっかり陽が当たって堂々と羽を広げた鷲羽岳。

100905_095000_0.jpg
テントを撤収して2回目の朝食を食べ、9:30に最後発で西鎌尾根に取り付き遥か槍を目指します。

100905_102545P.jpg
途中、その名の通り真っ赤な赤岳と真っ白な硫黄沢に目が釘付け。
この沢には高濃度の硫化水素ガスが立ち込める最奥の秘湯がありますが、ガスマスク必携。
じっくりと下見してしまいます。

100905_131516_0.jpg 156897421.jpg
尾根は徐々に斜度と険しさを増し、歩幅がどんどん狭くなって行きます。
14時、遂にあの穂先が目前に姿を現しました!
今日はガスが出たり晴れたりと不安定なので登頂は明朝のお楽しみにして、ビールで乾杯♪

関連記事


<< 笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走 Vol.1 -笠ヶ岳-    笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走 Vol.3 -槍ヶ岳~南岳- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント


■From: yukimamire <2010.09.13> URL | #AvInNSPU[ edit ]

こんにちは。
すごい脚力と行動力、さらにはキレイな写真!
すばらしい!!!

言うまでもなく、お気に入りに登録完了です。
これからもキレイな写真をよろしくお願いします。


■From: jun_waka <2010.09.14> URL | #6ksC9Gz6[ edit ]

おはようございます♪

コメントありがとうございます^^
お気に入り登録も感謝です☆

今後とも、よろしくお願いいたします!

yukimamireさんのサイトも素晴らしいですね。スノーシーズンもBCでよろしくお願いします♪


■From: 誰かさん <2010.10.10> URL | #-[ edit ]

双六岳からの眺めは私の記憶にも強く残っています。
三俣蓮華岳に足を伸ばさなかったことが悔やまれる。
西鎌尾根はだんだんと槍が近づいてくるのが楽しいですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。