プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<< 白峰三山縦走 Vol.1 -広河原~北岳肩の小屋-    白峰三山縦走 Vol.3 -農鳥岳~奈良田- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント


白峰三山縦走 Vol.2 -北岳~間ノ岳-


100718_041704T.jpg
ふと目が覚めて薄明るくなっているのに気付き、テントから顔を出してみると紅に空が焼けていた。
ぐずぐずしてはいられない。三脚を立ててシャッターを切り、湯を沸かし始める。

100718_044749.jpg
ちょうどパスタが茹で上がった頃、遂にその瞬間がやって来た。

100718_045946P.jpg
まぶしい光が全てを赤く照らし、素晴らしい一日の始まりを告げる。

100718_041720E2.jpg
美しいグラデーションの空に、この上なく美しいシルエットを浮かべる富士。
あまりに素晴らしい光景に、しばし食事の続きも忘れてしまった。

100718_061916P.jpg
テントを畳みパッキングを済ませると、富士山に次ぐ標高を誇る北岳が朝日を浴びて輝き、雲がアーチを描いていた。

100718_063752P.jpg
肩の小屋を離れて登りにかかるとすぐ、仙丈岳・甲斐駒・奥に八ヶ岳の大展望。

100718_064055P.jpg
快晴の山に登れる嬉しさに、登りも重い荷物も苦にならない。

100718_070355.jpg
その上花も多く、まさに心躍る山歩きだ。

100718_071118.jpg
雪渓が残るピラミダルな頂の格好良さに痺れる。

100718_074612.jpg
色とりどりの花に緑、そして青空♪

100718_073001P.jpg
いよいよ、北岳のピークが見えてきた。

100718_080057.jpg
写真を撮りまくり、コースタイムの倍もかかって山頂へ。
綺麗な山はゆっくり行かなきゃ損ソン!

100718_083319PT.jpg
とは言え、先は長いので名残惜しく振り返りながらも足を進めます。

100718_082716.jpg 100718_083043.jpg
この先もハクサンイチゲなど夏の花がいっぱいで、道草は止まらず・・・

100718_085347.jpg
雪渓が多く残る間ノ岳も素晴らしい姿。

100718_094301PT.jpg
真っ直ぐ間ノ岳に向かわず、荷物をデポして八本歯の頭へとピストン。
岩場のアップダウンが楽しいコース。

100718_095031.jpg
ピークで振り返ると・・・迫力の北岳バットレスが目の前に!
これを見るために寄り道する価値大です。

100718_090344.jpg 100718_114310_0.jpg
この稜線から北岳山荘までのトラバース道はまさに高山植物の宝庫。
高貴な姿を見せるミヤマオダマキに・・・

100718_122035.jpg 100718_123140T.jpg
大きなキンバイなど。

100718_121824.jpg 100718_115917.jpg
そして急斜面に点々と咲く白い花は・・・通常6月下旬に咲く固有種のキタダケソウ!
今年は例外的に残雪が多く、運よく海の日連休でも咲いていました♪
先が丸みを帯びた花びらには美しい筋模様が。
梅雨時に来ないと見られないと思っていたので感激です。

100718_150315.jpg
ミヤマシオガマの群落もありました☆

100718_154600.jpg
花の撮影に相当時間を食ったので、岩峰が鋭い間ノ岳への稜線を急ぎます。

100718_153847.jpg
これぞ夏の雲!力が湧いて来ます。

100718_155213.jpg
ピークを越えども真のピークはさらにその先に・・・

100718_164128P.jpg
ようやく本峰が見えてきた!

100718_164721.jpg
歩き始めて10時間。本日最後の登頂者に違いありません。

100718_170126ET.jpg
もう5時を回りましたが、天候は安定しているのでギリギリまで撮り続けます。

100718_172119T.jpg
下っていくと、明日目指す農鳥岳が大きな姿を現しました。

100718_185536P.jpg
夕暮れに農鳥小屋に着き、テントを張って米を炊いているといよいよ落日の訪れ。

100718_191143P.jpg
陽は沈み、雲は徐々に色を濃くしていき・・・

100718_193242T.jpg
再び素晴らしいグラデーションを見せてくれました。
紅に始まり紅に終わる一日。陽が昇ってから沈むまで、夏山の素晴らしさを堪能できた一日でした。

関連記事


<< 白峰三山縦走 Vol.1 -広河原~北岳肩の小屋-    白峰三山縦走 Vol.3 -農鳥岳~奈良田- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。