プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<< 神秘の洞窟温泉-梶山元湯-    白峰三山縦走 Vol.1 -広河原~北岳肩の小屋- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント


粟島横断シーカヤック-青の洞窟-


100626_041721ET.jpg
梅雨の晴れ間を突いて、未明に新潟にむけてひたすら北上。
妙高高原で見事な朝焼けに圧倒されました・・・

100626_072627T.jpg
笹川流れの南端にある桑川港からシーカヤックで出航!

100626_080256T.jpg
粟島までは約20km。4時間は水の上を覚悟しなくてはなりません。
万が一のため、漁船をチャーターして伴走してもらいます。

100626_080317T.jpg
校長先生の艇は、ベニヤ板をFRPコーティングしたお手製!
細長いグリーンランド・パドルも自作です。

100626_080352T.jpg
粟島は遥か彼方の水平線に浮かんでいます・・・

100626_085007T.jpg
風もなく、穏やかに凪いだ横断日和♪

100626_090838T.jpg
1時間半漕いでも、まだ余裕の笑顔です☆

そろそろお腹が空いてきた中間地点で・・・
世界初!海上回転寿司の登場!


なんにしろ、世界初は偉大なのです☆

100626_095856T.jpg
少し、島が大きく見えてきましたが・・・まだ残りが半分弱もあります。

100626_113131.jpg
さらに1.5時間ひたすら漕いで、約4時間で無事に横断成功♪

100626_112249.jpg 100626_112904B.jpg
去年粟島に渡って以来1年もブランクがあったので、楽じゃなかったです!
何はともあれ、乾杯☆

100626_133611.jpg
翌日は雨になりそうだったので、昼食の後すぐ20kmの島1周に漕ぎ出しました。
こんな奇岩を見たらどうしても、くぐってみたくなります!



100626_143414T.jpg
続いて、海面すれすれに口を開けた狭い洞窟を発見。

100626_143803.jpg
中に入ると、息を呑む碧さです・・・

100626_144356.jpg
振り向けば、さらに輝く青き水!これぞ、新潟の「青の洞窟」ですね☆

100626_145139.jpg
そして水中には・・・数え切れない魚の群れ@@

100626_165314.jpg 100626_185849B.jpg
また、たっぷり4時間かけて1周を終え、8時間 40kmの漕ぎ始めを完了!
温泉で汗を流した後は、海の幸満載の宴会開始♪

100626_185258.jpg
巨大な舟盛りには鯛、アワビ、そしてぷるんとした大ぶりの岩ガキ^^

100626_185925.jpg100626_195545.jpg
100626_205539.jpg100626_210045.jpg
大量のお刺身で軽くご飯3杯。その外のおかずで2杯。
ぶっかけ潮汁に鯛めし、締めに鯛茶漬けで計8杯がするすると胃袋に^^;

100626_195111.jpg 100626_193453.jpg
お酒も日本酒にまろやかな古酒、そしてラム酒など盛りだくさん。
そしてデザートは山形の高級佐藤錦!
4回目の粟島訪問でしたが、さすが漁師さんの民宿だけあって味もボリュームも素晴らしく、毎回大満足なのであります。

お腹いっぱいで寝たはずなのに、なぜかお腹が空いている翌朝。。。
朝食は必ず名物「わっぱ汁」です。
「輪っぱ」の中に魚や野菜、そして自家製味噌を溶いた汁をいれ、焼石を投入!


100627_094932.jpg クリップ11
食事の後、オーナーの漁師さんがお土産に持ってけ!と採れたてのトビウオを大量に@@
日曜は雨だったので昼寝を決め込み、午後にフェリーターミナルへ。
そこで見たポスターの一文に、グッときたのでした・・・

100627_150201.jpg 100628_070204.jpg
今時、1枚いちまい鋏の入る分厚い切符を持って乗船。
高速道路の末端からわずか10分、あとは1830円でこんな素敵な島に渡れます。
大人の冒険を楽しみに、一度訪れてみませんか?
今朝は、早速トビウオの塩焼き♪
勢いで、魚焼き器に並ぶだけ焼いてみました。
淡白で何匹でもいける感じ~☆

さぁ早く、梅雨明けませんかねぇ・・・

関連記事


<< 神秘の洞窟温泉-梶山元湯-    白峰三山縦走 Vol.1 -広河原~北岳肩の小屋- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。