プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<< 白馬鑓沢BCスキー-白馬鑓温泉-    立山BCスキーII Vol.1 -内蔵助沢・真砂沢- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント


鳥海山BCスキー


日曜に雨が降らないのはどこだ・・・と探すと東北以北は持ちそうだったので、しばらくご無沙汰していた鳥海山に向かいました。

100522_093017T2.jpg
日本海を背に残雪を登ります。

100522_095442.jpg
見上げると、お日様に傘が。
これは天気下り坂のサイン。明日まで持ってくれ!

100522_120457.jpg
鳥海がよく見えるところで、小休止。

100522_123843.jpg
ここでお昼とビールをいただきます♪

100522_154938.jpg
そして、まずは結氷した鳥海湖へ滑り込みました!

100522_154300.jpg
底から見上げると何だか幻想的・・・

100522_143650.jpg 100522_144302.jpg
いまや絶滅しかかっている旧式なケーブルビンディングがついに千切れました!
こんな事もあろうかと予備ワイヤーを持っていたものの、いざ交換しようとするとスパナが必要。
ミニモンキーレンチを台湾サイクリングの時に自転車に移したまま忘れてた(TT)
ここから歩いて帰るのは悲しすぎるので、必死に代わりになるものを探します。
試してみたのが100均で買ったアルミカラビナ。
狭いほうでナットを挟み込むと見事にレンチ代わりに☆

100522_150452.jpg
助かった~^^

100522_135940.jpg
気を取り直して、鳥海山に向かって滑ります♪

100522_145727PT.jpg
再び登り返すと、霞が取れて青空が!

100522_142834.jpg
雪の消えた笹原も輝いてきました。

100522_161315.jpg
再び逆側から鳥海湖に滑り込んだ後、まさに鍋を伏せたような「鍋森」わきの谷へ。

100522_173036.jpg
何度か登り返して堪能した後は、夕陽が落ちる日本海に向かってロングクルージング☆

滑りの様子は、ぜひ動画でご覧くださいませ♪


100522_183627.jpg
車に戻った頃には、燃えるような夕焼けが写り込む時間に。

100522_182655PT.jpg
時を忘れて眺めました・・・
左手に浮かぶ島はかつてシーカヤックで渡った想い出がある「飛島」。

100522_193032.jpg 100522_205129.jpg
この日の温泉は、酒田在住の頃から愛用していて金浦温泉「はまなす」
入ってすぐの掛け湯からして、尋常じゃない臭素臭がプンプンで興奮してしまいます!
つるっつるの濃厚な食塩泉で、掛け流し露天がオススメです。
一番いいのは、ちょっと冷たいけど「入っちゃいけない」掛け湯槽でしょうが・・・

風呂を出たらもう軒並み食べどころは閉まっていたのですが、ふらりと立ち寄った寿司屋「笹乃井@仁賀保」が当たり。刺身定食は一口でめちゃ新鮮なのが判る♪

100522_225916.jpg
翌日は北側から登るため、矢島口にテント泊。
鳥海の優美なシルエットが月光に浮かび上がっていました・・・

100523_041404.jpg
そして翌朝4時。
狙い通り晴れて、朝焼けが♪

100523_092952.jpg
でっかい斜面をひた登り・・・

七高山々頂からの新山は大迫力。


100523_125705.jpg 100523_125725.jpg
昼過ぎには下山して、前夜営業が終わっていた気になるお店「キッチンさかなやさん@仁賀保」へ。
保冷ケースの前がそのまま座敷。
こういう風情の店にハズレはありません!

100523_130843.jpg 100523_130852.jpg
これまた狙い通り、840円でプリップリで旨み満点のお刺身定食が☆
連チャンですが、日本海沿岸に来たらこれで正解でしょう。

100523_135627.jpg
そして2日目はもう1軒の金浦温泉(少し内陸寄り)へ。
食塩泉だらけのこのエリアにあって、ここだけは立派な硫黄泉。
緑がかった濁り湯からはたっぷり硫黄臭が漂い、登り返しまくった疲労が体から溶け出していきます・・

100523_193730.jpg 100523_193823.jpg
そして最後の締めは、この旅のもう一つの目的だった、出身地の札幌ラーメンを差し置いて最も美味しいと信じている「酒田のラーメン」!
ツルツルシコシコ、絶妙な縮れの自家製麺と、透き通って魚のダシが効いたスープが最高♪
一口すすれば、「麺そのものの旨さ」に驚かされますよ。
さっぱり系がお好きな方にはイチオシです。
数ある酒田のラーメン店の中でも個人的ベストは「新月」ですが、日曜定休で昼どきのみの営業とハードル高し。
今回は、夜8:30まで営業の麺処「あべ」に来ました。
ここは基本の「ラーメン」が美味しいのはもちろん、オリジナリティあふれる白濁スープの「十勝ラーメン」が絶品なのです☆
この味は、どう頑張っても形容できません。
とにかく、1度食べたらまた必ず食べたくなること必定です!
ラーメン好きを自称される方はぜひ、酒田のこの2店は試していただきたいと思います。

関連記事


<< 白馬鑓沢BCスキー-白馬鑓温泉-    立山BCスキーII Vol.1 -内蔵助沢・真砂沢- >>

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

コメントの投稿



 管理者にだけ表示を許可する

コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。