プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

赤岳 冬山登山


高気圧に覆われて穏やかそうな日曜日に登頂しようと、土曜の午後に美濃戸から入山。

101218_154917.jpg 101218_153402.jpg
樹木も川も凍りつき、夏にはなんでもない場所が特別な空間に。

101218_124719.jpg 101219_152006.jpg
今年はまだ雪が少ない分、透明な氷の輝きが目に留まる。

101218_162706E.jpg
樹林から抜け出すと、夕陽に紅く照し出された横岳の岩肌が現れた。
陰には樹氷が、碧い空には月が白く輝いていた。
→この写真を12/21のNHK「イブニング信州」で紹介いただきました☆

101218_170837.jpg
行者小屋前にテントを張り終えた頃には夕闇が迫り、気温は急降下。
おぼろ月の綺麗な夜だった。

101219_092624P.jpg
翌朝は、狙い通りの無風快晴♪

101219_093454.jpg
登るにつれて斜面は雪から氷に変わり、アイゼンの食いつきが小気味良い。

101219_110020.jpg
さらに上は、氷から岩へ・・・

101219_094637P.jpg
竜頭峰の脇より、権現、編笠、そして奥に南アルプス。

101219_094923.jpg
そして、雲海の上に必ず頭を出してくれる富士。

101219_100905.jpg
最後のひと登りを終え、途中で合流できた山仲間と一緒に青空の赤岳に登頂♪
赤岳は連続6回快晴に恵まれてます^^

101219_101002.jpg
蓼科山から天狗岳・先々週に登った硫黄岳・横岳を一望です。
冬の八ヶ岳にしては珍しく風が弱く、のんびり談笑しながらお昼を食べられました。

101219_103645.jpg
しかし冬山では下りからが本番。同じ斜面でも、登りより数段怖く感じるもの・・・

101219_105444.jpg
皆無言で、慎重に降りていきます。
この日はとても空気が澄んでいて、御嶽・乗鞍・北アルプスまでくっきり!

101219_110707.jpg
全員が無事に岩場を通過し、ほっと一息ついてピークを振り返ります。

101219_113151.jpg
雄雄しき中岳と阿弥陀岳。

101219_114228P.jpg
八ヶ岳連峰を一望♪

101219_114020.jpg
陽も高くなり、朝は日陰だった西斜面もくっきり。
バリエーションルートを攻める方々が掛け合う声がこだまします。

101219_131048PT.jpg
行者小屋まで戻ると、針葉樹林の向こうに紺碧の空を背にした横岳が。
雪化粧した山肌の美しいこと・・・

101219_144005.jpg
テントを畳み、長い霜柱を踏む音を楽しみながらのんびり下山。

101219_132501.jpg
冬の穏やかな一日を、心行くまで堪能できました。

この後、現地で会ったお友達を地元・上諏訪のとんかつ「丸一」と民宿Sの貸切露天風呂にご案内。
101219_170731_0.jpg 101219_184152_1.jpg
とても満足いただけたようで、良かったです☆

関連記事
スポンサーサイト

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

硫黄岳 冬山登山 -本沢温泉-


101204_120147.jpg 101204_135948_0.jpg
午前中、この日オープンの小海リエックス・スキーバレーでゲレンデ始め。
昼からザックを担いで雪の降り積もった道を登り・・・

101205_135953_0.jpg
日本最高所の野天風呂がある本沢温泉へ♪GWに続いて今年2回目の訪問です。

101204_185649_0.jpg 101204_195644_0.jpg
テントを設営し、夕食を済ませて人が居なくなった頃を見計らって「雲上の湯」へ。
青みがかった弱白濁の硫黄泉は入浴すると灰白濁となり硫黄臭が鼻腔をくすぐります。
以前はずっと浸かっているのが辛いくらいの温度がありましたが、今は湧出量が減ったのか人肌程度。
月も隠れていて満点の星を眺めながら長湯できるのはいいのですが、囲いの全く無い吹きっさらしの野外で着替えるのは結構厳しいものが・・・
入るときは恥じらいを見せた女子も出るときはなりふりかまわず、下着は省略して直接ズボンやダウンを着込んでました(笑)

101205_093118_0.jpg 101205_094943_0.jpg
翌朝も快晴♪硫黄岳の断崖から朝日が昇りました。
金曜の大雨は山上では雪だったようで、なんでもない樹林帯がとても美しく変貌☆

101205_094912T.jpg 101205_094759_0.jpg
新雪でデコレーションされた木々を眺めながら、サラサラの新雪を踏んで登ります。

101205_100231T.jpg 101205_111541_0.jpg
夏沢峠からは、いよいよ今季初となるアイゼン・ピッケルの出番。

101205_104651E.jpg
ここからは、岩と雪、そして氷の蒼き世界。

101205_113511_0.jpg
空気が澄んでいて、御嶽山や乗鞍岳がくっきりと望まれます。

101205_112913_0.jpg
朝ははるか高く聳えていた断崖が間近に迫り・・・

101205_110259T.jpg
強風に耐えながら、一歩一歩氷に歯を食い込ませて山頂へ。

101205_121108_0.jpg
振り返れば、天狗岳の向こうに蓼科山、そして遥か北アルプスまで一望。

101205_115027_0.jpg
快晴の硫黄岳山頂に到着!

101205_114627P.jpg
美しく雪化粧した横岳・赤岳・阿弥陀岳が目の前に。

101205_115255_0.jpg
なだらかな南斜面と対照的な北面の断崖絶壁。
どちらを向いても最高の展望ですが、風が強いのでお昼は少し下ってから食べることにして下山開始。

101205_122228P.jpg
冬山ならではの深い青と輝く白のコントラスト。

101205_121521P.jpg
この断崖も、雪がついてますます迫力を増している。

101205_135645_0.jpg
本沢温泉まで下ると風もなく、ポカポカと暖かい別世界。

101205_145735_0.jpg 101205_141100_0.jpg
冬季限定の離れにある内湯「石楠花の湯」で疲れを癒しました。
露天とは泉質が異なり金気強くカルシウムの膜が張る強力な湯。こちらは熱めでしっかり温まれます^^
(\600 -15,18-19,20-:混浴 15-16,17-1745:男性 16-17,19-1945:女性)
湯小屋の風情もよく、お気に入りの一湯☆

ゲレンデスキーも冬山も、好天に恵まれ幸先の良いスタートでした♪

関連記事

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。