プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

八ヶ岳縦走II Vol.2 -赤岳~真教寺尾根-


Vol.1 -権現岳~キレット- の続きです。

100926_051733E.jpg
5時過ぎにキレット小屋キャンプ地から見上げた赤岳の天狗尾根。黎明の空にまるで槍ヶ岳のような鋭いシルエットが浮かび上がっていた。

100926_084123.jpg
テントか乾くまでゆっくり朝食とコーヒーを楽しんでいると、朝陽を浴びて緑の樹々が輝き始めました。
前夜の夕映えも素敵でしたが、朝の光も大好きです☆

100926_085842E.jpg
登るにつれて、天狗尾根の槍はますますカッコよく、木々は徐々に色付いていきます・・・

100926_091015.jpg
手付かずの自然林が見せる豊かな色彩。

100926_093043.jpg
樹林帯を抜け、ガレ場の急登が始まります。

100926_093454.jpg
金色の草原と黒々とした岩峰のコントラストが素敵。

100926_093949.jpg
赤岳に近づくにつれ、緑を寄せ付けない岩場が増えていき、高山ならではの美しさに。

100926_094719.jpg
去年歩いた阿弥陀岳と中岳が並ぶ稜線が迫ってきました。

100926_100227.jpg
ガレ場を登りきり、青空へと延びるハシゴを登れば・・・

100926_100933.jpg
赤岳の手前に小天狗が天を突く絶景♪

100926_101011.jpg
右手には先ほどまで仰ぎ見ていた天狗尾根の岩峰が。
地図に登山道はありませんが踏み跡が見えますね。下まで降りられるのでしょうか?

100926_102124.jpg
いよいよ主峰赤岳に迫ります。わずかにガスが湧いてきた!?

100926_102627.jpg
景色と撮影を堪能しながら来たので、もうすぐ11時。
いつガスに覆われてもおかしくない。見事なピラミッドを一気に詰める。

100926_104413.jpg
青空のピークに間に合いました♪赤岳は4回とも晴れ☆

100926_115043.jpg
下りの真教寺尾根は、序盤からこれでもかと急な鎖場が何段も続くびっくりルート。

100926_125519.jpg
一気に標高を落とした後は、今度は極端に緩やかな尾根道。
ガスが出てきたものの、これはこれで幻想的。

雨が降り出しそうな雲行きになってきたのと夜の宴会に間に合わせるため、リフト(片道\1000もする!)で清里スカイパークに降りてギリギリ降られずに済みました♪

100926_161525.jpg 100926_162149_0.jpg
帰りの温泉は、小淵沢のペンション「八ヶ岳ロッジ アトリエ」で。
鉄を含む土類泉が加熱掛け流しで、浴槽まわりが赤く染まっています。
湯は赤くならずに緑濁なのは鉄が酸化しきっておらず、湯が新鮮な証拠☆
浴室は貸切利用できて穴場です!

関連記事
スポンサーサイト

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

八ヶ岳縦走II Vol.1 -権現岳~キレット-


去年の秋に縦走した天狗岳~赤岳に続いて、今年の秋は赤岳以南を歩いてきました。

100925_120259E.jpg 100925_122126T.jpg
土曜日の午前中は曇っていたので慌てて登る気にもならず、天女山Pから遅めの出発。
どんよりした雲が去り、木漏れ日が差し込んで来て気分は上々♪。
アザミとみかんは小振りなものが好き・・・

100925_134000.jpg
秋の味覚もあちこちから傘を覗かせています。

100925_142523T.jpg
そして逆光に輝くススキ。至る所に色鮮やかな夏山とは違った趣が。

100925_140035.jpg
前三ツ頭に着くと一気に視界が開けます。
緑鮮やかな八ヶ岳の裾野の先に甲府盆地が広がり、富士と南アルプスまで一望!

100925_141621.jpg
八ヶ岳の森は独特な明るさがあって大好きです。

100925_144224.jpg
三ツ頭が見えてきました!涼しい風が爽やかな尾根道♪

100925_145310E.jpg
晴れるのを待って登った甲斐がありました☆
天気も景色も良いと、しょっちゅう立ち止まって撮影してしまってなかなか進みません。
せっかく登るなら、できるだけゆっくり味わった者勝ち☆

100925_151348.jpg
標高2500mを越え、一段と良い眺め♪
立ち枯れの木が所々に現れるのも八ヶ岳の特徴ですね。


100925_155733.jpg
そしてついに、葉が色付き始めました!秋ならではの色鮮やかな世界の始まり。

100925_154916.jpg
振り返れば、秋晴れの空の下に三ツ頭の大斜面が緑鮮やか。

100925_151914T.jpg
そして正面には、権現岳・阿弥陀岳・主峰、赤岳が三つ揃い!
南から眺める八ヶ岳も実に迫力があって感激せずにはいられません。

100925_155946.jpg
本日の最高所、権現岳(2715m)への登りにかかります。

100925_160409.jpg
山頂直下は木々が金色に輝いて最高の美しさ☆

100925_162940.jpg
青空と紅葉のコントラストの境に、不思議な岩が。
天然のアート作品にただ感嘆。

100925_164158T.jpg
登山道を少し外れた大岩によじ登ってみると、突端から剣が天を突いているそこが権現岳の頂でした。
高所恐怖症の方にはオススメできません・・・

100925_165232E.jpg
狭いピークから慎重に下りて振り返ると、かなりの絶壁の上に立っていたのが判り今更ながら驚いてしまいました。
富士にまとわりついていた雲が晴れ、素晴らしい景色。

100925_165345.jpg
陽はかなり傾き、赤岳へと続く稜線がくっきりと明暗を分けています。

100925_170335.jpg 100925_170610.jpg
長いハシゴで一気に高度を下げれば、キレット小屋キャンプ地まであと1時間弱のはず。

100925_172618.jpg
岩稜は夕陽に照らされ真っ赤に。

100925_172835.jpg
いよいよ陽は沈みゆき・・・

100925_173641E.jpg
山肌は紅に染まりました。これぞ赤岳!
この光景を前にして急ぐ気も起きず、数分間しかないであろう奇跡の時間を堪能します。

100925_181941.jpg
夕闇が迫りヘッドライトを点けて慎重に歩を進めると、西の空は群青から茜色へと見事なグラデーションを見せ、一番星が輝き始めました。

100925_180837E2T.jpg
東に目を向ければ、残照の中に富士と甲府の夜景が。

100925_182051T.jpg
再び西を振り返れば、燃える夕焼けの元で我が街 諏訪の夜景が浮かび上がってきました。

夢中でシャッターを切っているうちに手はかじかみ、すっかり闇に包まれていました。
明るい月光に照らされながら、慎重にキレット小屋のキャンプ地へ。

青空から真っ赤に染まる夕焼けに至るドラマの余韻に浸りながら、眠りについたのでした。

関連記事

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

赤湯俣沢の野湯 Vol.2 -温泉&麺巡り-


Vol.1 -高松岳・焚火の宴- の続きです。

100911_061938_0.jpg 100911_071309_0.jpg
2日目は午後から雨予報なので、早起きして朝食をささっと食べ速やかに出発。

100911_072351_0.jpg
しかし、昨日通過した地獄地帯の対岸に適温の湯船を発見!
これに入らない手はありません。

100911_073103_0.jpg
さらに、支流をわずかに遡るとこれぞ本命!と叫んでしまう青白濁の露天風呂が!
これこそ求めていた濃厚硫黄泉♪
ここも適温で硫黄臭・味が強く、いつまでも浸かっていたい・・・
しかし雨に降られて増水すると突破が難しいゴルジュもあるので、後ろ髪を引かれつつもここを後にします。

100911_082733_0.jpg 100911_082844_0.jpg
美しい滝が連続する帰り道。

100911_083033_0.jpg
清冽な流れに心も洗われます。

100911_083145_0.jpg 100911_083429_0.jpg
次々と現れる滝を四肢を駆使して登っていくのは実に楽しい♪
ここまでの5枚はたった7分間の間に撮ったものです。

100911_085012_0.jpg 100911_091413_0.jpg
水はそれほど冷たくなく、ザブザブと股まで浸かって歩くのが気持ちいいくらい^^

100911_094036_0.jpg 100911_093343_0.jpg
ここのトリカブトは色が淡く、水は限りなく透明。。。

100911_093753_0.jpg
天然の苔むした階段。

100911_103157_0.jpg 100911_124957_0.jpg
最後に緊張を強いられる滝をなんとか登りきれば、沢登りは終盤。
しかしこの後、藪っぽい尾根歩きで分岐を通り過ぎてかなり上まで余計に登ってしまったり、下りで見事なナメに出て調子よく下ったら登山道の入口に気付かず下りすぎてしまったりで疲労困憊。

100911_152856_0.jpg 100911_153109_0.jpg
予報通り降りだした雨でずぶ濡れになって本日の宿、宝寿温泉に到着。
ドバドバ適温掛け流し・暗緑色濁・微土類味/微塩味/金気の湯に疲れを溶かします・・・

100911_154601_0.jpg 100911_192526_0.jpg
地物の激安枝豆、そして夕食のきりたんぽ鍋でビールを飲み出すと止まらない!
恐ろしい数の缶が並んだのでした^^;

100912_100548_0.jpg 100912_102026_0.jpg
3日目は、お気に入りで酒田在住時に何度も訪れた羽根沢温泉共同浴場へ。
壁が白く塗りなおされ、小奇麗になっていましたが強ぬるぬる・硫黄&塩のパンチある熱湯は健在。
油臭と香りは弱まりましたが、やはりいい湯です。

100912_105815_0.jpg 100912_121708_0.jpg
謎の女子大生に教えてもらった某所の源泉槽を探して興奮した後、河北町の名物「肉そば」のお店へ。

100912_122411_0.jpg 100912_122615_0.jpg
カリカリのげぞ天、そして冷たい「ジャンボ」肉そばを注文。
力強い田舎蕎麦に適度な油が浮く冷たいつゆが絡み、ずずっと食べた時の喉ごしと食べ応えは絶品!
標準的サイズのコップと比べると判るとおりかなりのボリュームですが、一気に食べ切ってしまう美味しさでした♪

100912_133047_0.jpg 100912_133156_0.jpg 100912_133435_0.jpg
満腹になったところで、腹ごなしに寒河江SA併設の比較的新しい温泉「ゆ~チェリー」へ。
酒田に住んでいた頃はまだなくて、3種類の源泉がそれぞれに素晴らしいと聞いていたのでずっと気になっていたところです。金・銀・洞と見事に3色揃った湯はそれぞれCa苦味と金気・塩・モール臭が際立ち湯量も豊富で申し分なし!SAから出ずに歩いて行けるのもポイントですね。

100912_153600_0.jpg 100912_153645_0.jpg
酒田に戻り、締めはやっぱり酒田のラーメン。
手打ちでコシのある透き通った麺と、魚の出汁が効いたさっぱりスープ・そしてプルプルのワンタン。
もう1杯は前にも紹介した摩訶不思議な味が病みつきになる十勝ラーメン。
これはあべ食堂のオリジナルで、この店でしか食べられません!

目一杯、温泉と美味しい麺を堪能して帰途についたのでした。
貴重な機会にご一緒して頂いた皆様、ありがとうございました!

関連記事

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。