プロフィール

jun_waka【bit】jun_waka【bit】@長野県



晴れた日はほとんどアウトドアへ♪
北海道,山形,長野と自然が豊かな土地に移り住み全都道府県を旅してきました。
◆趣味
 ☆登山: 写真を撮りながらのんびりと
 ☆バックカントリースキー: テレマーク
 ☆カヌー・カヤック: ロングツーリング
 ☆サイクリング: 林道・廃道・渋い峠
 ☆沢登り: 師匠求む!
 ☆温泉: 野湯・鄙び系・個性的な湯
 ☆B級グルメ: 旨い・デカい・安い系
 ☆その他: 写真・音楽・車 etc...
◆旅の相棒
 ☆テレマークスキー: ファット・ステップ
 ☆シーカヤック・リバーカヤック・カヌー
 ☆自転車: ランドナー・ロード・BD-1

最新記事

カテゴリ一覧

過去ログ

ブログ人気投票

にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリック(投票)
での応援に感謝です♪

ホームページ

Back to Nature!
 厳選のネイチャーフォト・ギャラリーです

mixi

リンク

最新コメント

アクセスカウンター

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

常念山脈縦走 Vol.2 -大天井~常念~蝶ヶ岳-


100801_072002.jpg
北燕岳から踵を返し、表銀座コースをはるか先に見える大天井岳に向けて南下します。
なんと気持ち良い縦走路でしょうか・・・

100801_114312.jpg 100801_114553_0.jpg
途中は天然の切り通しや々が楽しませてくれます。

100801_151937.jpg 100801_144332.jpg
常念山脈最高峰の大天井岳は山頂直下に小屋があるのでビールで喉を潤します♪
ここはスーパードライだけじゃないのが嬉しい!

100801_154735_0.jpg 100801_155151T.jpg
ここのイワギキョウは淡い色で上品な感じ。

100801_155943.jpg
夏の午後はガスがかかりやすいですが、なんとか展望が利いたまま歩くことができました。

100801_191832PT.jpg
予報では夕方から雨かも知れず、降らないうちにとキャンプ地に急ぎましたが、思いがけず美しい夕映えの中の槍を眺めながらの夕食に♪

100802_050327_0.jpg
3日目は上高地まで15kmもある長丁場。うす暗いうちから登り始めて間もなく、陽が昇りました。もやがかかっているものの、太陽の輪郭がはっきり見える日の出もまたいいものです。

100802_052807.jpg
朝イチは名峰、常念岳へ!

100802_055835T.jpg 100802_062156.jpg
朝陽を浴びる槍を背に、どんどん標高を上げていきます。
いよいよ山頂がすぐそこに!

100802_062952.jpg
とても狭い山頂の直下にて。切り立った縦走路の先も楽しみ♪

100802_065811P.jpg
山頂には万歳を叫ぶ人々。確かに、思わず叫びたくなる光景です。

100802_070921P.jpg
この先の稜線は岩が累々として見るからに楽しそう!

100802_092740.jpg
岩の頭を踏んでリズミカルに駆け下って振り向けば、さらに迫力ある常念の姿。

100802_090605_0.jpg
右手には北アルプス核心部を一望!日向で朝露に濡れたテントを干しつつ、この景色を堪能しつつ岩陰でランチ。

100802_094019.jpg 100802_095545_0.jpg
この先、一気に標高を下げて久しぶりに樹林帯へ。ちょうど暑くなってきたので日陰が嬉しい♪
湿った下草にでっかいキノコが!食べ応えありそう~♪だけど、やっぱり毒キノコみたいですね^^;

100802_100059_0.jpg 100802_103856_0.jpg
日当たりの良い斜面には、ニッコウキスゲを初めとして夏のがたくさん。

100802_111529P.jpg
下りきって、再びしんどい登りにしばらく耐えると・・・霞も綺麗に晴れて、さらに素晴らしい大パノラマが!

100802_112145.jpg
遥か南に見えていた穂高連峰が真正面に。

100802_110241.jpg
そして豊富な残雪を残す槍ヶ岳の際立つ美しさ・・・

100802_112431P.jpg
ここからは穏やかな起伏が続く稜線漫歩☆

100802_113025T.jpg
蝶槍からの槍ヶ岳。

100802_120250.jpg
蝶ヶ岳山頂部はとても穏やかな雰囲気。まさに天上の楽園ですね☆

100802_154001.jpg 100802_152556T.jpg
稜線から梓川まで1000m強を一気に下り、徳沢園へ。
ソフトクリームでも食べようと思っていたのですが、メニューにカレーを見つけたら無性に食べたくなって大盛りをオーダー。当然ビールも!(笑)

100802_160620.jpg 100802_155729T.jpg
お腹も満ちて、酔いも回ると何もかもが美しく見えてきます。実際美しい木漏れ日の道ですが。。。
鴨がポチャリと水面に輪を描きます。

100802_172455.jpg
2時間の道を1.5時間くらいで歩いて、3分前に上高地バスターミナルに到着!
いつもながら、ギリギリいっぱいまで時間を使っての充実した山旅でした♪

関連記事
スポンサーサイト

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ

常念山脈縦走 Vol.1 -燕岳-


初日は中房温泉から合戦尾根を登り、燕山荘キャンプ地でテント泊。

100801_050253E.jpg
翌朝5時。雲海からのご来光に、誰もが息を呑みました。

100801_094247.jpg
朝靄が晴れていき、花崗岩が林立する燕岳の特徴的な姿がはっきりと。

100801_065807.jpg
最初に驚かされるのが「イルカ岩」。一目瞭然、見事な自然の造形に感動です。

100801_071608.jpg 100801_081234.jpg
他にも次々と奇岩が連続。まるでナイフのような鋭さ。

100801_065728_0.jpg 100801_065802_0.jpg
そして花も多く、こんなに楽しい稜線はないですね。

100801_071759T.jpg
砂礫地にはコマクサの群落。まだ朝露が輝いています。

100801_075227.jpg
数々の奇岩の中でもひときわ目を惹くのがこの「眼鏡岩」。
穴が細長いのでどうも眼鏡には見えませんが・・・

100801_085719E.jpg
終始雪が残る槍ヶ岳が望まれ、展望も一級品です。

100801_082041.jpg
わくわくし通しで燕岳山頂に到着。先にはこれまたカッコよい岩峰を擁する北燕岳が。
そう遠くないので、行ってみることにしました。

100801_082420.jpg 100801_093804_0.jpg
振り返って燕岳を北側から眺めると、全く違った印象。
そしてこの稜線にもコマクサがたくさん♪

100801_083800.jpg
左手に燕岳、右手に槍ヶ岳。ここまで来る人は少なく、燕岳以上に感動的な大パノラマ。

100801_090633T.jpg
そして先々週に続いて今回も雷鳥の親子に出会うことができました!


雛がちょこまか走り回る姿がかわいい☆

100801_085859_0.jpg
そして何度でも撮りたくなる、高山植物の女王。

100801_090759T2.jpg
北燕岳まで足を伸ばして、大正解・大満足でした♪

関連記事

  

にほんブログ村 アウトドアブログへ←気に入って頂けたらクリック(ランキング投票)お願いします♪
  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。